「知る」から「できる」へ 親の離婚で良くない影響を受けないように親としてできることを伝え、考え、実践してもらうためのプログラムです。

離婚が子どもに影響があることは多くの研究で明らかになっています。でも、好きでもない人と一生過ごし、親が不幸な姿をみて育つこともまた子どもへ影響があります。

このプログラムは夫婦関係を修復しようと頑張ったけどうしても無理だった。でも子どもには幸せになってもらいたい。そんな思いのある夫婦を支援するために作られました。

離婚しても子どもに影響が極力少なくし、子どもの健全な発達を両親として促すことができるよう必要なことを、今までの研究論文や臨床で培われた知から学んで実施できるように一緒に頑張って行きましょう。